世界史小ネタ帳

本から拾ってきたことをやたらめったらメモします

ルソーの性癖のはなし

ルソーといえば、『社会契約論』の著者、18世紀最大の思想家(の一人)、むすんでひらいての作曲者、など名前を聞いたことのある方も多いでしょう。そんなルソーですが、他にその性癖でも有名ですね。

 

 

10~12歳のころ 寄宿先の牧師の妹から受けた尻打ちの体罰に、目覚める

 

16歳 徒弟奉公時代、遊びに行った夜に、町の城門の締まる時間に間にあわず、   

   翌朝親方の家に戻らないまま出奔。この支配からの卒業。

   この後、職を転々としている間に、自慰を覚える。

 

16歳 仕事先でリボンを盗み、その罪を好意を抱いていた少女になすりつける

17歳 上の事件で解雇され、鬱屈した欲望を抱き、街中で露出狂になる

  

20歳 ヴァランス夫人(13歳年上)の愛人になる

   ※ルソーがヴァランス夫人に初めて出会ったのは15歳のとき。

     お互い「坊や」「ママン」と呼び合う仲。

26歳 旅から戻ると、夫人には新しい愛人ができており、冷たく迎えられる

 

34歳 パリで、テレーズ・ルヴァスール(後の妻)と出会う。

   5人の子供をもうけるが、全員孤児院へ送る。

 

42歳 パリからジュネーヴに戻り、ヴァランス夫人と再会するが、

   零落した夫人を助けることができず、激しく後悔する。

 

45歳 小説『ジュリー』の執筆中、ドゥードト夫人(当時26歳)に出会う。

   夫人と女主人公を重ね、”全生涯で最初にして唯一の恋”をする。

 

 

この後も、激しい被害妄想を患ったりいろいろあるルソーですが、以上の話の大部分を自伝の『告白』で暴露している辺りも、性癖なんではなかろうかと勘繰ってしまう次第です。

 

※参考図書は、永見文雄さんの『ジャン=ジャック・ルソー―自己充足の哲学』(2012年、勁草書房)など

  

1000年前のギリシャが先進国だった

ギリシャといえば、神話などで有名な古代ギリシャ

そして経済危機で有名な最近のギリシャのイメージが強く、

得てして真ん中がすっぽ抜けがちですね。

 

ところが1000年くらい前のギリシアは、

他のヨーロッパ諸国をしのぐすごい先進国でした。

どのくらい先進国だったか、

当時ギリシャの都を訪れたヨーロッパ人の感想がこちらです。

 

皇帝の玉座の前には金箔を張った鉄の木が立ち、枝にはさまざまな種類の鳥がところせましと止まっている。鳥は同じく鉄製で金箔が張られ、さまざまな歌声をひびかせていた。玉座も巧みに仕掛けがしてあり、低く見えたかと思うと……次の瞬間にはかなり高い位置にまで上がっていた。金属あるいは木製の、金箔を張った巨大な獅子が玉座の両脇をかため、尾を床に打ちつけながら、口を開け舌を動かし吠え声をあげる。

広間の中、わたしは二人の宦官に伴われ、皇帝の御前へと連れてこられた。中に入るとき、獅子が吠え、鳥が歌った。……しかし三度ひれ伏し、そのあとで顔をあげると、はじめはわたしより少し上に座しておられた皇帝が、広間の天井に届かんばかりの高さにおわし、衣服までも変えておられる。いったいこれはどうしたことか、皆目訳がわからぬ……

 

どうやら皇帝は小林幸子的な演出付で謁見していたようです。

読んでいる現代のわれわれをも、わけがわからなくさせる辺りに力を感じます。

 

上のレポートがどこまで事実を伝えているかは置いておいて、

当時のギリシャは、名前を東ローマ帝国ビザンツ帝国)といい、

古代に地中海全域を支配したあのローマ帝国の後継的ポジションにありました。

 

古代ローマ帝国は、ゲルマン人の侵入などによって4世紀に分裂、

西ローマ帝国東ローマ帝国にわかれました。

そして西ローマの方は100年弱で滅びますが、

東ローマの方は生き残り、その後1000年あまり続きます。

 

それゆえ、東ローマ帝国ギリシャ)は、古代ローマ帝国の遺産を受け継ぎ、

なおかつ東からやってくるイスラーム勢力の科学も吸収するという、

引きこもりがちな西ヨーロッパをはるかに超える発展ぶりを見せていました。

 

13世紀になると、自分で呼んだ十字軍に一度滅ぼされるなど

だんだん残念ぶりが増していきますが、

コンスタンティノープルの陥落などドラマティックな最期も魅力ですので、

あえて、ギリシャといえば中世だよね~!と攻めてみるのもいかがでしょうか。

 

※引用はノーマン・デイヴィス著・別宮貞徳訳の『ヨーロッパII 中世』(共同通信社,2000年)より

スペインの無敵艦隊とゆかりのある人たち

     

 その中二ネームに反して、世界史では負けたことばかりが取り沙汰され、何かと不遇なスペインの無敵艦隊(アルマダ)ですが、アルマダが当時まだそんなにつよくなかったイギリスに負けたのは1588年。意外な同時代人が意外な関わり方をしてたりします。

 

ドレーク・・・史上2番目に世界一周を達成したイギリス王室御用達海賊。

       イギリスがアルマダに勝った戦いで司令官の一人を務めた。

       ちなみにアルマダ戦では火のついた船を敵艦隊に突っ込ませている。ロック。

 

ローリー・・・いろいろやっているイギリスの軍人・詩人。アルマダ戦では防衛委員。

       エリザベス女王の愛人説もあり、アメリカに新しく作った植民地を

       女王にちなんでヴァージニア(virgin、処女)名付けているあたり、

       掘れば何らかの性癖が出てきそうな気がする。

 

ホッブズ・・・表紙の絵がややきもちわるい『リヴァイアサン』を書いたイギリスの思想家。

       アルマダ来襲を恐れたホッブズ母が、ホッブズを早産したらしい。

       自分でも「恐怖と私は双子として生まれた」とか言っていてずるい。

 

セルバンテス・・・『ドン=キホーテ』の作者。某ディスカウントストアとは関係ない。

         アルマダの食糧徴発係だったが、

         はりきって教会から徴発しすぎて破門されている。

 

ちなみに無敵艦隊という名称はイギリスが広めたようです。風評被害スペイン。