世界史小ネタ帳

本から拾ってきたことをやたらめったらメモします

ステンドグラスはいつから使われるようになったか

 ヨーロッパの教会を訪れた際、まず目を惹くのはステンドグラスでしょう。

 聖書の物語などを描いたステンドグラスは、中世には、文字の読めない民衆に聖書の内容を教える役割も果たしていました。ですので、現代のわれわれ日本人が見ても、”よくわからないけどすごい”ことは伝わってきますし、聖書の内容を少し知っていると、あの全裸の男女はアダムとイブに違いない!など更なる楽しみ方ができます。

f:id:scla1192:20170918000849j:plain

※写真はシャルトル大聖堂のもの。美しい青色がシャルトル・ブルーとして有名。

  

 ところでステンドグラスは、12世紀頃、ゴシック様式(教会建築の様式)の出現とともに普及しました。それまでの建築様式はロマネスク様式といい、厚い壁に小さな窓を特徴とするもので、装飾といえば扉の上や柱に施された彫刻が主でした。しかし建築技術の進歩により、高い天井と大きな窓を取り入れたゴシック様式が可能になります。そして、その窓を飾るためのステンドグラスが広まった・・・

 

 と、いうのが教科書などの書き方なのですが、どうやらステンドグラスは1世紀頃あるいは紀元前からあったようです。そういえば日本史でもイランの方からガラスが来た、みたいな記述がありました。これが西洋中心史観の罠…!(※当ブログは西洋および西洋史への愛をもって運営されております。

 

 さておき、初期のステンドグラスは、大理石や木などの枠に、小さく厚めのガラスをはめ込んでいたそうです。これはこれでお洒落な感じがしますね。

 また、ロマネスク様式の建築にも使われることはあったようで、ゴシック様式から~というのは、今われわれのイメージするステンドグラスが普及・発展したのがその頃から、と捉えるのがおそらく無難でしょう。